このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

(令和2年9月1日から)新しいごみ袋(可燃・不燃)に変わります

更新:2020年8月28日

市ではごみ減量化の推進やリサイクルのより一層の向上を図るため、令和2年9月から家庭系ごみ処理手数料制度を導入します。家庭系ごみ処理手数料制度とは、市が一般廃棄物処理についての手数料を徴収する仕組みのことです。具体的には、日常生活に伴って家庭から発生するごみについて、排出者である市民の皆さまに処理経費の一部を手数料として負担していただくことをいいます。
なお、黄色の可燃ごみ袋は、令和2年8月31日まで使用できます。9月1日以降は原則使用できませんのでよろしくお願いいたします。

導入時期

令和2年9月1日

家庭系ごみ処理手数料制度導入に係るごみ出しの変更点

家庭系ごみ処理手数料制度導入に係るごみ出しの変更点は以下の表のとおりです。

家庭系ごみ処理手数料制度導入に係るごみ出しの変更点
 

制度導入前(令和2年8月31日まで)

制度導入後(令和2年9月1日から)

可燃ごみ
(週3回収集)

黄色の可燃ごみ袋を使用 新しいピンク色の市指定可燃ごみ袋を使用

不燃ごみ
(月1回収集)

透明又は半透明の袋を使用 新しいオレンジ色の市指定不燃ごみ袋を使用

(注釈)黄色の可燃ごみ袋は、令和2年8月31日まで使用できます。9月1日以降は原則使用できませんのでよろしくお願いいたします。
(注釈)不燃ごみとは、ガラスや陶磁器、電子機器等などを指します。プラスチック・ビニール類ではありません。
(注釈)プラスチック・ビニール類は従来同様、透明又は半透明の袋を使用して集積所に出してください。

家庭系ごみ処理手数料制度の導入理由

1.家庭系ごみ減量化の推進
市内には、ごみの最終処分場がなく、可燃ごみを燃やした際に出る焼却灰や不燃ごみとして出される陶器類などの埋立て処分を他市の最終処分場に依存しています。そのため、将来にわたり、ごみ減量努力が求められています。
2.資源化・リサイクルの向上
資源物については、制度の対象としないことで、例えば、可燃ごみの中に含まれている雑がみ等の資源物を資源として出してもらうなど、分別意識の向上と資源物回収量の増加を図ります。
3.ごみ処理に係る負担の公平性の確保
手数料負担は、ごみの排出量に応じたものとなることから、負担の面で公平な取り扱いを確保できます。

新しい市指定ごみ袋の価格

可燃ごみ袋(4種類でピンク色)

指定ごみ袋の価格(ごみ処理手数料)は、平成31年第1回(3月)市議会定例会に議案として上程し、議決を得て下記のとおり決定いたしました。

市指定可燃ごみ袋の価格表

指定ごみ袋の大きさ

1枚あたりの価格

販売価格(10枚1組)

10リットル袋 12円

120円

20リットル袋 24円 240円
30リットル袋 36円 360円

45リットル袋

54円 540円

可燃ごみ袋は、これまで20リットル袋、30リットル袋、45リットル袋の3種類でしたが、ごみを出す量が少ない世帯やご高齢の方など重いものが持てない方に、小さめの使いやすい袋を用意する趣旨で、新たに10リットル袋を作製し、4種類となります。市指定ごみ袋は、従来と同様に、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで購入していただきます。

不燃ごみ袋(3種類でオレンジ色)

市指定不燃ごみ袋の価格表
指定ごみ袋の大きさ 1枚あたりの価格 販売価格(10枚1組)
10リットル袋 12円 120円
20リットル袋 24円 240円
30リットル袋 36円 360円

不燃ごみについては、従来、袋の指定がなく、中身の見える透明なビニール袋に入れて出していただいておりましたが、制度導入後は可燃ごみと同様に、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで市指定ごみ袋を購入していただくようになります。

(令和2年9月から)紙おむつ、草・葉の出し方

 紙おむつ、草、葉は、排出抑制が困難であるため、支援措置として例外的に中身が確認できる透明な袋などで集積所に出すことができます。
(注釈)紙おむつ、草、葉は、他の可燃ごみや不燃ごみと同様に新しいピンク色の市指定可燃ごみ袋で集積所に出すこともできます。

(令和2年9月1日から)紙おむつ、草、葉の出し方
品目 出し方

紙おむつ

 紙おむつは、汚物を取り除いた上で、外観の面から半透明の袋に入れた後、さらに衛生の面から透明な袋に入れ、2重にして、可燃ごみの日に集積所に出してください。
(注釈)ペット用のおむつは新しいピンク色の市指定可燃ごみ袋に入れて出してください。

草、葉

 透明な袋(50リットル以下)に入れて、可燃ごみの日に集積所に出してください。
(注釈)令和2年12月29日までは、個人が草、葉を出す際に黄色の可燃ごみ袋で集積所に出すことができます。
(注釈)自治会などの団体が草、葉を出すにあたっては、従来通りの方法で処分してください。
(注釈)剪定枝の出し方は、従来通りです。(幹の直径を5センチメートル、長さ50センチメートル以下に切って、1束を直径30センチメートル程度に束ねて、紐で縛って出してください。)


四街道市指定ごみ袋販売店一覧

市民説明会の実施状況

平成30年7月1日から9月30日まで、及び平成31年1月にご希望のあった区・自治会を対象とした説明会を開催いたしました。また、平成30年12月から平成31年1月にかけて、市役所、市内3公民館(四街道、千代田、旭)、南部総合福祉センターわろうべの里において、令和2年7月に市役所保健センター、市内3公民館において、どなたでも参加できる説明会を開催いたしました。説明会の質疑応答につきましては、下記のファイルにまとめてありますのでご覧ください。

市民説明会の配布資料に係るお詫びと訂正(~平成31年9月13日)

平成31年9月13日以前に使用した説明会資料の14ページに掲載した数字に誤りがありました。
深くお詫び申し上げますとともに、以下のとおり訂正いたします。

問い合わせ 四街道市役所 環境経済部 廃棄物対策課 043-421-6132

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部廃棄物対策課
電話:043-421-6132

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る