このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

埋蔵文化財包蔵地の取扱いについて

更新:2018年7月17日

埋蔵文化財とは

四街道市内には、旧石器時代から近世まで多くの遺跡が確認されています。私たちが普段生活している地域にも、地下に竪穴住居跡などの文化財が眠っている場所が多くあります。文化財保護法では、これらを「埋蔵文化財」、これらが分布している範囲を「埋蔵文化財包蔵地」と定めています。また、埋蔵文化財包蔵地で土木工事等を行い、埋蔵文化財を破壊する恐れがある場合には、届出を義務付けています。

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の確認について

土木工事を行う際には、事業範囲が埋蔵文化財包蔵地に該当するか、社会教育課文化係にご確認ください。
確認方法は、窓口、FAX、文章のいずれかでお願いします。
なお、確認の際には、事業範囲がわかる地図等をご提示ください。住所・地番だけでは確認できませんので、電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

FAXによる確認

社会教育課まで、事業範囲がわかる地図等をお送りください。(FAX:043-424-8935)
後ほど、担当職員が電話・FAX等で回答いたします。

文章による確認

「埋蔵文化財の取り扱いについて(確認)」と添付図面を提出してください。後日、文書にて回答いたします。
事業予定地が埋蔵文化財包蔵地でないことを確認する書類が必要な場合も、こちらをご提出ください。

(添付図面)
1.位置図(25,000分の1国土地理院地形図に赤点で位置を示したもの。)
2.地形図(2,500分の1都市計画図に事業範囲を赤線で示したもの。)

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)において土木工事等を行う場合

事業範囲が包蔵地に該当し、土木工事等実施する場合、事業者は工事着工60日前までに、「埋蔵文化財発掘の届出」を提出し、事前に埋蔵文化財の取扱いについて協議する必要があります。

届出書類等

1.「埋蔵文化財の届出について」2部
2.位置図(25,000分の1国土地理院地形図に赤点で位置を示したもの。)2部
3.地形図(2,500分の1都市計画図に事業範囲を赤線で示したもの。)2部
4.計画図(工事の詳細が分かる平面図及び断面図)2部
5.「試掘及び発掘調査承諾書」1部
6.公図1部

記入上の注意
1.両面印刷の上、記入してください。
2.表書きの届出者と詳細記入欄の「工事主体者」は、同一者としてください。

記入上の注意
1.土地所有者が、記入してください。

埋蔵文化財取扱いの流れ

埋蔵文化財の取扱いの確認から、保存協議、発掘調査、着工までの基本的な流れは、次のフローチャートをご確認ください。

お問い合わせ

〒284-0003
四街道市鹿渡2001番地10
四街道市役所第二庁舎1階
教育委員会社会教育課文化係
電話:043-424-8934
FAX:043-424-8935

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会 教育部社会教育課
電話:043-424-8927

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る