このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

ふるさとまつりの御輿の担ぎ手 井崎邦俊さん 田草川友子さん(令和元年7月1日号)

更新:2019年7月1日

魅せる汗と笑顔 「粋」のこころをつなぐ

井崎さん、田草川さん近影

いざきくにとし:四街道御輿連合会長
たくさがわともこ:四街道女みこし世話人代表

四街道ふるさとまつりの御輿の担ぎ手。第30回を迎える今回から「四街道女みこし」を誕生させ、さらに祭りを盛り上げる準備を進めている。

四街道ふるさとまつりを、大迫力のパフォーマンスで盛り上げる御輿。その担ぎ手として携わってきたお二人は、第30回の節目を迎える祭りに向けて、思いを新たにしている。

「御輿を子どもたちにどうつないでいくか。地域や世代を超えた交流ができる、初めての社会参加の場ですから」。御輿の大切さを教えてくれた井崎さんは、ふるさとまつりで御輿を15年担いできたベテラン。その魅力を幅広い世代に伝えるため、初めて担ぐ人への指導などにも力を注いでいる。

「私が初めて御輿を担いだときも、皆さんにとても温かく迎えてもらえました。祭りを盛り上げたいという気持ちがあれば大丈夫です」。ふるさとまつりで御輿を担いで5年になる田草川さんは、御輿は「すてきなご縁」だと語る。御輿に関わったこと生まれた地域や人とのつながりがきっかけとなって、都内のお祭りなどでも御輿を担ぐようになった。

華やかな法被と鉢巻
担ぎ手の気持ちを高める法被と鉢巻

今年のふるさと祭りでは、第30回の節目を盛り上げるため、「四街道女みこし」が誕生する。これまで、女性だけの御輿は旭ヶ丘地区のみで行っていたが、それを四街道全体から担ぎ手を募って行おうという試みだ。

「ふるさとまつりの新しい華になってほしい」というのが井崎さんの思い。その世話人代表となる田草川さんは「学生さんや主婦の方も大歓迎です。ぜひ一度、お客さんと笑顔で一体になる感覚を肌で感じてほしい」と呼びかける。

ぜひ、ふるさとまつりの会場で御輿と担ぎ手の勇姿を目にしてほしい。

旭ヶ丘地区の女御輿
これまでの祭りを盛り上げてきた旭ヶ丘地区の女御輿

お問い合わせ

経営企画部シティセールス推進課
電話:043-421-6162

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

元気!よつかどびと(人物紹介コーナー)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る