このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

身体障害者補助犬にはどんな種類があるのですか。

更新:2011年5月18日

 身体に重度の障害をお持ちの方の就労等社会活動への参加を促進するために、盲導犬、介助犬、聴導犬がいます。

 身体に重度の障害をお持ちの方の就労等社会活動への参加を促進するために、次の3種類の補助犬が給付されます。

  1. 盲導犬:原則として身体障害者手帳の視覚障害の等級が1級の方
  2. 介助犬:身体障害者手帳の肢体不自由の等級が2級以上の方 
  3. 聴導犬:身体障害者手帳の聴覚障害の等級が2級の方

盲導犬

目の見えない人、見えにくい人が街なかを安全に歩けるようにサポートします。
障害物を避けたり、立ち止まって曲がり角を教えたりします。ハーネス(胴輪)をつけています。

聴導犬

音が聞こえない、聞こえにくい人に、生活の中の必要な音を知らせます。玄関のチャイムの音、FAX着信音、あかちゃんの泣き声など聞き分けて教えます。「聴導犬」と書かれた表示をつけています。

介助犬

手や足に障害のある人の日常の生活活動をサポートします。物を拾って渡したり、指示したものを持ってきたり、着脱衣の介助などを行います。「介助犬」と書かれた表示をつけています。

問い合わせ先

千葉県障害福祉課
電話:043-223-2306 FAX:043-222-4133

お問い合わせ

福祉サービス部障害者支援課
電話:043-421-6122

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害者の福祉

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る