このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

お酒との付き合い方

更新:2021年7月28日

在宅時間が増え、お酒の量が増えていませんか?

コロナ禍が長引く中、飲酒量が増え、それによるトラブルや依存症などの問題が懸念されています。飲酒量がコロナ禍前と比べて増えている人は、量や飲む時間の見直しをお勧めいたします。

お酒の適量

適量飲酒とは純アルコール量20グラム以下が目安です。以下の表が成人男性の1日の目安量上限です。

お酒の適量
お酒の種類 適量(純アルコール20グラム)
ビール(5度) 500ミリリットル(中ビン1本)
日本酒(15度) 180ミリリットル(1合)
焼酎(25度) 100ミリリットル(小コップ2分の1杯)
ワイン(12度) 200ミリリットル(グラス2杯)
缶チューハイ(5度) 500ミリリットル(ロング缶1本)

女性はこの2分の1~3分の2程度(ビール350ミリリットル以下)が適当と言われています。
高齢者、飲酒後に顔の赤くなる人は、これよりも少ない量が適量です。

お酒と健康的に付き合うコツ

  • お酒の替わりに〇〇:アルコール量を減らすため、3本中1本はノンアルコール飲料や炭酸水に替えてみましょう。
  • 食事と一緒にゆっくり飲む:胃を荒らすことを防ぎ、アルコールの吸収を遅らせます。肝臓を守るため、大豆製品、魚、肉などたんぱく質を1品は添えましょう。
  • 飲酒の時間を決める:夜9時以降は飲まない、1日に2時間以上は飲まないなど、長い時間飲みすぎないようにしましょう。
  • 週に2日は休肝日:連続2日のお休みが肝臓の回復に有効です。

アルコール依存症が心配な場合

アルコール依存症は、自分では飲酒のコントロールができなくなる病気です。
その結果、家庭内や職場で問題を引き起こしたりします。
また、抑うつ状態や精神病を合併することも多く、自殺に至る場合もあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県の依存症相談

千葉県精神保健福祉センターでの依存症相談

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県依存症専門医療機関

千葉県依存症専門医療機関及び依存症治療拠点機関

お問い合わせ

健康こども部健康増進課
電話:043-421-6100 ファクス:043-421-2125

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る