このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者虐待を防ぎましょう 独りで抱えこまないで

更新:2021年8月13日

高齢者虐待とは

高齢者が家族・親族などから暴力を受けるなど「高齢者虐待」は誰もが直面する可能性のある、大きな社会問題となっています。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のための自粛生活により、家庭内での精神的ストレスの蓄積や介護負担の増大、また経済的問題が要因となって高齢者虐待につながることが危惧されています。
高齢者虐待防止法では、高齢者虐待を「65歳以上の高齢者に対して、家族などの養護者及び養介護施設従事者等によって行われる行為」とし、下記の5つに分類しています。

これも虐待にあたります

高齢者虐待の種類
種類 内容
身体的虐待
  • たたく・つねる・殴る・蹴る・やけど・無理やり食事を口に入れるなど
心理的虐待
  • 怒鳴る・ののしる・暴言・無視・子ども扱いする・恥をかかせるなど
性的虐待
  • 裸にして放置する
経済的虐待
  • 年金や預貯金を本人の意思や利益に反して使用する
  • 本人に無断で自宅を売却する

介護・世話の放棄・放任

  • 入浴させず異臭がする
  • 水分や食事を与えない
  • おむつやゴミを放置するなど、劣悪な住環境の中で生活させる
  • 医療や介護サービスを利用させない

どのような場合に虐待が発生しやすいか

高齢者虐待の要因
要因 内容
高齢者側の要因
  • 身体状況の低下により、介護量が増す
  • 認知症や精神疾患により問題行動がある
養護者側の要因
  • 介護の仕方や認知症への対応が分からない
  • 介護負担・介護疲れがある
  • 介護に対するこだわりがある
  • アルコール依存や精神疾患がある

家庭環境・社会的要因

  • 過去から家族関係が悪い
  • 経済的な不安がある
  • 家庭内で介護者が孤立している
  • 近隣との交流が少なく、相談相手がいない
【解決のための具体策】
  • 介護サービスの見直しや関係機関との調整をお手伝いします
  • 家族会の紹介
  • 病気や介護方法についてお伝えします

虐待と思ったら

介護や世話をすることで心身ともに疲れ、追いつめられる人は少なくありません。適切な介護の仕方や認知症への対応がわからず、つい手をあげてしまったり、虐待という自覚がなかったり、自覚できても歯止めがきかなかったりする場合があります。また、高齢者本人が家族などをかばったりすることから、第三者に助けを求めることができず、虐待が深刻化し、人間関係が悪化していくことがあります。
虐待は、時には生命にも関わり、重大な犯罪になることがあります。虐待をしない、させないためには、早期発見・早期対応が重要となります。日頃の生活・地域の中で、「虐待かも??」と思われることがあればご連絡ください。また、介護をされている人も、悩みを抱え込まずご相談ください。

通報者と特定される情報が漏れることはありません

市民の皆さんも、虐待の防止・早期発見のために、自分たちの地域で気になることがありましたらご連絡ください。どなたから連絡があったかということが漏れることはありません。

相談窓口

四街道市地域包括支援センター

開所時間:午前8時30分から午後5時15分(日曜、祝日を除く)
担当地区:四街道北中学校地区、四街道西中学校地区、千代田中学校地区
電話:043-420-6070

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。四街道市地域包括支援センター

四街道市みなみ地域包括支援センター

開所時間:午前9時から午後5時15分(日曜、祝日、第4月曜を除く)
担当地区:四街道中学校地区、旭中学校地区
電話:043-497-5165

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。四街道市みなみ地域包括支援センター

高齢者支援課

電話:043-421-6128(開庁時間:午前8時30分から午後5時15分、祝日を除く月曜~金曜日)

お問い合わせ

福祉サービス部高齢者支援課
電話:043-388-8300(賦課給付係)/043-421-6127(介護認定係)/043-421-6128(高齢者福祉係・包括ケア係)

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る