このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

家屋を取り壊したときの手続き

更新:2019年9月6日

固定資産税は、毎年1月1日現在の状況で課税されますので、住宅や倉庫などの家屋の全部または一部を取り壊したときは、速やかに手続きをお願いします。

登記されている家屋を取り壊した場合

登記されている家屋を取り壊したときは、法務局で滅失登記を行ってください。

滅失登記が完了すると、法務局からその旨市へ通知されますので、市役所での手続きは必要ありません。
ただし、年内中に取り壊した家屋の滅失登記手続きが翌年になる場合は、課税課家屋係(電話:043-421-6117)までご連絡ください。

登記されていない家屋を取り壊した場合

未登記家屋を取り壊したときは、「建物滅失書」を課税課に提出してください。
(「建物滅失書」は、ページ下段よりダウンロードできます。)

なお、郵送でも受け付けています。
(送付先:〒284-8555 四街道市鹿渡無番地 四街道市役所課税課家屋係)

必要な添付書類

  • 年内に家屋を取り壊し、同年内に提出するとき

添付書類は必要ありません。

  • 前年以前に家屋を取り壊し、今年提出するとき

取り壊した日を確認できる書類(解体業者が発行する証明書など)

注記:書類等で取り壊した日を確認できない場合は、届け出のあった翌年度からの滅失となりますので、ご理解をお願いします。

現地確認について

滅失登記や建物滅失書により、課税課の職員が現地を確認します。
現地を確認後、当該家屋を翌年度分の課税台帳から削除します。

留意事項

住宅が建っている土地(住宅用地)は、「住宅用地に対する課税標準の特例」が適用され、固定資産税が減額されています。
そのため、住宅を取り壊すと、その特例から外れることで、土地の税額が増えることがあります。

滅失書ダウンロード

関連情報リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。法務局ホームページ(外部サイトへリンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉地方法務局佐倉支局(外部サイトへリンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部課税課
電話:043-421-6114・6116・6117

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る