このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

企業版ふるさと納税

更新:2021年9月14日

「企業版ふるさと納税」で四街道市を応援していただける企業を募集しています

四街道市では、「四街道市総合計画後期基本計画」及び「第2期四街道市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、地方創生に関する様々な取組を推進しています。
この度、地方創生の取組の一つとして、地方応援税制(企業版ふるさと納税)の認定を国から受けました。
このため、国に認定された地方創生プロジェクト(「四街道市まち・ひと・しごと創生推進計画」)に対する企業のみなさまからのご寄附は、税制上の優遇措置を受けられることになります。
本市のさらなる発展のため、地方創生に関する以下の取組等に対する企業のみなさまのご支援をお待ちしています。

寄附実績一覧

令和3年度寄附実績一覧
対象事業寄附企業
“選ばれる”まちづくりをめざしたシティセールス推進事業

(寄附企業の意向により非公表)

地域公共交通の課題解決に向けたデマンド型交通導入事業株式会社ユニバースフロンティア

寄附を募集する事業(随時、相談受付中)

大土手山手摺設置に関する事業

大土手山を安全にご利用いただくため、階段両側に手摺を設置します。

大土手山は、1873年(明治6年)、明治政府が、陸軍指導者として招きいれたフランス陸軍ジョルジュ・ルボン砲兵大尉の指導により設立された陸軍砲兵射的学校(後の陸軍野戦砲兵学校)の的として使われた歴史のある山(別名ルボン山)です。当時は現在の大日の富士見ヶ丘方面からこの山をめがけて訓練が行われました。
大土手山からは市内を一望することができ、春には見事な桜が開花します。
この手摺設置工事に係る経費を企業版ふるさと納税としてご支援いただける企業のみなさまからの相談をお待ちしております。
経費:現在170万円程度を予定しています。


大土手山の階段(ここに手摺を設置します)


山頂から見た階段


大土手山の山頂


山頂から見た景色(イトーヨーカドー方面)

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県公式観光物産サイト(まるごとe!ちば)大土手山紹介ページ

市制施行40周年記念写真集作成事業

地域の人々が守り伝えてきた地域史料を次世代に引き継いでいくため、市制施行40周年を記念する写真集(A4判、250頁)を500部発行します。
今号は戦前、戦後の写真を中心に多面的に市の発展を紹介する予定です。
この写真集の作成に係る経費を企業版ふるさと納税としてご支援いただける企業のみなさまからの相談をお待ちしております。
経費:現在100万円程度を予定しています。


昭和56年頃の駅前北口の様子


昭和40年代の市内の様子

関連リンク

市史編さんだより

寄附の募集を終了した事業

下記の事業をご支援していただける事業者様が決定しました。ご支援いただいた事業者様、ご検討いただきました事業者の皆様、ありがとうございました。

“選ばれる”まちづくりをめざしたシティセールス推進事業

本市は、居住地としての魅力・優位性を有しており、千葉県内では一定水準の認知度を獲得しつつあるものの、東京圏における認知度は十分とは言えません。
そのため、市内外に向けて様々な媒体を活用して情報を発信し、認知度の向上を図り、居住地としての魅力を積極的にPRしています。
令和3年度は新しい取組として、高速道路上に架かる陸橋にPR横断幕の掲出、高速道路のパーキングエリア内に市の周知啓発用パンフレットの配架、市にゆかりのある方をPR大使として任命する事業を実施します。

るるぶ四街道市
市の周知啓発用パンフレット


(いただいた寄附の活用状況に関するご報告)

チーバくんのほっぺ四街道
横断幕(上り線)

いただいたご寄付を活用し、令和3年6月から東関東自動車道(千葉北IC~四街道IC間)に架かる陸橋にPR横断幕を2枚掲出させていただきました。
横断幕のキャッチコピーは四街道の場所を、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」のほっぺに例えたものと、子育て環境の充実に力を入れていることをPRする内容で、運転の支障にならないようシンプルで、目を引くデザインとなっています。
横断幕は各種メディアにおいても取り上げられ、市の認知度向上に寄与しています。

幕張パーキングのエリアパンフレットラック
幕張パーキングエリアパンフレットラック

市の周知啓発用パンフレットにつきましては、7月下旬から8月下旬まで京葉道路の幕張パーキングエリア(上下線)のパンフレットラックに、四街道市の魅力を満載した情報誌「るるぶ特別編集 四街道市」を配架させていただいております。
店舗が多数出店されているパーキングエリアにパンフレットを配架できることにより、より効果的な魅力発信ができることが期待されます。
市にゆかりのある方をPR大使として任命する事業につきましては準備を進めております。進捗がございましたらご報告いたします。

地域公共交通の課題解決に向けたデマンド型交通導入事業

市内公共交通の維持・利用促進と公共交通不便地域等の解消を図ることを目的に、デマンド型交通の導入に向けた実証実験を検討しています。
バス停までの移動支援を図り、公共交通を補完することで既存バス路線への利用を促進し、公共交通の維持を図ることに加え、近くの商業施設等への移動支援を行い、買物・外食等の外出意欲の向上と外出機会を増やすことで地域の活性化につなげるための事業となります。


画像はイメージです

関連事業

市HP「四街道市グリーンスローモビリティの実証実験について」

市HP「地域主体によるデマンド型乗合タクシーの実証実験について」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。


(いただいた寄附の活用状況に関するご報告)

グリスロ車両
eCOM4

いただいたご寄附は、千代田地区にて行われる実証実験の運行経費として活用させていただきます。
千代田団地は、老年人口が57%を超えるなど、市内平均28.6%と比較しても突出して高齢者が多い地域です。
また、この地区を運行するバス路線は、平成10年度と比較して100本以上も減便しており、今後、市内の地域公共交通を維持する観点からも、減便に歯止めをかける必要がある地区です。

チョイソコのロゴ
チョイソコロゴ

昨年度、同地区において、国の支援を受け実施した、グリーンスローモビリティ(略称グリスロ)を活用した実証実験では、子供から高齢者まで多くの世代の方の買い物での利用があり、手を振って喜ぶ姿が多く見受けられました。
今年度もグリーンスローモビリティを活用した実証実験を実施しますが、今回は路線バスへの補完を主目的として、グリスロとチョイソコを組み合わせた「市独自」の「全国初」の取組となります。
事業に賛同し、ご支援いただきました株式会社ユニバースフロンティア様に、改めて感謝申し上げます。

制度の概要

企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。
地方創生の更なる充実・強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度に制度の大幅な見直しを行い、損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割にまで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。

出典:企業版ふるさと納税リーフレット「こころざしをカタチにする」

主な留意事項

  • 1回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 四街道市内に本社(地方税法における主たる事務所または事業所)がある企業は、本税制の対象とはなりません。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。

関連リンク

お問い合わせ

経営企画部政策推進課
電話:043-421-6161

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る