このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 四街道の魅力
サイトメニューここまで

本文ここから

(意見提出手続)第9次四街道市行財政改革推進計画の策定に係る意見の募集(結果公表)

更新:2024年1月31日

第9次四街道市行財政改革推進計画の策定に係る意見提出手続(パブリックコメント)の結果公表

第9次四街道市行財政改革推進計画の策定に係る意見提出手続を実施したところ、その結果の概要は下記のとおりとなりましたので公表します。

意見の提出状況

  • 意見提出者数0人
  • 意見提出件数0件

意見提出手続(パブリックコメント)の実施

本市では、第1次行財政改革推進計画以降、継続して計画的な行財政改革の推進に全庁をあげ取り組んできました。しかしながら、今後の財政状況は、社会保障関係経費の増加が継続することに加え、新庁舎の整備等の大型事業による公債費が増加し、厳しい状況が続くと見込まれます。また、社会情勢が変化し、市民ニーズが多様化することも想定され、さらなる行財政改革に取り組むとともに市民ニーズに的確に対応をしていくことが必要です。
そこで、今後の行財政改革の取組に関して、その方向性を示すとともに具体的な取組を計画し、実行に移すことで、環境の変化等に的確に対応できる行財政運営を推進するため、新たな行財政改革推進計画(6年度~10年度)を策定することとし、このたび、その案を作成しましたので、これに対する皆さんのご意見を募集します。
意見の募集は終了しました。

意見募集の対象

資料の入手及び閲覧方法

資料は、上記からダウンロード可能です。
また、市役所本庁舎(新分館3階)経営企画部財政課または市役所本庁舎(本館2階)総務部情報公開室でも閲覧できます。
(閲覧日時:土曜・日曜日・祝日及び年末年始を除く午前8時30分から午後5時15分)

意見募集期間

令和5年12月20日(水曜)から令和6年1月19日(金曜)※郵送の場合は必着
※持参の場合は、土曜・日曜日・祝日及び年末年始を除く午前8時30分から午後5時15分

意見提出ができる人

  • 市内に住所を有する人(脚注1)
  • 市内に事務所等を有する個人及び法人その他の団体
  • 市内の事務所等に勤務する人
  • 市内の学校に在学する人
  • 対象の行政活動に利害関係を有する人(脚注2)

※脚注1 国籍、年齢等は問いません。
※脚注2 市内に土地等を所有している人、市内の施設を利用している人等、対象の行政活動に利害関係がある人をいいます。

意見提出の方法

意見提出の様式は自由ですが、氏名、住所、連絡先は必ずご記入ください。必要事項の記載がないものや単なる賛否の表明、本件に関係のない意見などは受付できません。
また、文書による提出が困難な人は、録音したもの、点字等の方法でも提出が可能です。

意見書様式のダウンロードができます。

持参

市役所本庁舎(新分館3階)経営企画部財政課へ持参
※土曜・日曜日・祝日及び年末年始を除く午前8時30分から午後5時15分

郵送

〒284-8555 四街道市鹿渡無番地 四街道市役所 経営企画部財政課行革推進室あて
※令和6年1月19日(金曜)必着

FAX

043-424-8920 経営企画部財政課あて

電子メール

ページ下部「お問い合わせ」のメールフォームをご利用いただくか、上記の記載例を参考に作成・送信してください。(メールアドレスは記載例に記載しています。)

意見の検討結果の公表

令和6年3月上旬頃
意見提出された方への個別の回答は行いませんが、提出された意見の概要及び意見に対する市の考え方等を公表します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経営企画部財政課
電話:043-421-6111

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

今年度終了した市民参加手続

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
電話:043-421-2111(代表)
法人番号6000020122289
Copyright © Yotsukaido City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る