Multilingual

ヒアリにご注意ください

更新日:2019年1月8日

ヒアリは、国内では2017年5月に初めて兵庫県で発見され、その後、愛知県、大阪府、東京都をはじめとした国内各地で確認されています。
千葉県内でも、2018年7月に成田空港でヒアリが確認されています。

ヒアリを発見した時は

ヒアリは攻撃性があり、巣を壊すなどすると襲ってくる可能性があります。
発見しても触れようとしたりせず、下記又は市役所環境政策課までご連絡ください。

連絡先

  • 環境省関東地方環境事務所(電話048‐600‐0516)

(参考)ヒアリについて

ヒアリの生態と懸念される影響
項目 内容
特徴
  • 体長2.5から6ミリメートル
  • 体色は赤褐色で、腹部は暗赤色
  • 極めて攻撃的
原産地
  • 南米
侵入状況
  • アメリカや中国など環太平洋諸国に急速に分布している
生息環境
  • 亜熱帯から暖温帯に生息
  • 草地など比較的開けた環境を好む
  • アリ塚は、直径25から60センチメートル、高さ15から50センチメートルの土製のドーム状
食性
  • 雑食性(節足動物、小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とする。)
生態系への影響
  • 他種のアリと競合し駆逐するおそれがある
  • 餌となる動物に集団で攻撃し、捕食することが知られており、鳥類の営巣・ヒナの生育に影響を及ぼした報告例もある
農業等への影響
  • 牛、馬、鶏など家畜への死傷被害
人体への影響
  • 刺されるとアルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸等の症状が引き起こされ、アレルギー性のショックを起こすこともある

関連情報

ヒアリに関する情報が千葉県ホームページに掲載されていますので、詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

環境経済部環境政策課

電話:043-421-6131

この担当課にメールを送る